ファクタリングと一括支払信託の明確な違いとは

ファクタリングとは一括支払信託は似ている部分があるためにどのような違いがあるのかを理解するのには正確な知識が必要となります。この概念について理解しようとするのであれば、ファクタリングの仕組みを理解するのが良いと言えます。どちらも似た性質があるのは確かですが、ファクタリングについてはその仕組みが明確でわかりやすいのです。
ファクタリングでは売掛金の権利を買い取ってもらうことにより売掛債権の現金化が行われます。何らかの手続きが必要になる場合もありますが、基本的には売掛債権の売却という二社間の取引で事足ります。そこには売掛金の相手先企業は必ずしも必要ではないのが一つの特徴になっているのです。そのため相手の同意なく一方的にこの仕組みで運用することはもちろん、知られることなく利用することも可能です。
一方で一括支払信託は事前に信託会社と支払い企業と納入企業の間で基本契約を結んでおくのが原則となります。ここで言う信託とは管理運用を任せるということを意味しており、売却とは根本的に異なります。そのため一括支払信託で売掛債権を現金化したいのであれば信託会社経由で現金化するのが一般的です。そのタイミング次第では手数料の代償が変化する仕組みになっていますのでサービス利用時にはそれ相応の検討が必要になります。ファクタリングが明確に売却することを意味しているのに対し、一括支払信託絵はそうではないというのが大きな違いであると言えます。